業務内容についてのQ&A
FCSの特徴は?
スピードと定額料金です。
簡易鑑定って、ありますか?
調査報告書として対応しています。
費用は?
お電話又はメールで、お問い合わせください。ホームページからのダウンロードも可能です。
鑑定評価書と調査報告書の違いって?
不動産鑑定評価基準に則ったものが、鑑定評価書(本鑑定とも呼ばれます)です。価格の決定に影響が少ないと考えられる部分(一般的要因など)を割愛し、重要度の高い部分を抽出したものが、調査報告書(簡易鑑定とも呼ばれます)です。 弊社では、調査報告書であることが理由で、鑑定評価書と異なる評価額になることはありません。
一般的に、鑑定評価書の方が、対外的な信用性は高いと言われています。
サンプルが、ホームページからダウンロード出来ます。
どちらをご依頼頂くかは、ご判断ください。
期間は?
資料をご提示頂いてから、通常、約2週間で中間報告をさせて頂きます。
中間報告の内容をご確認頂いた後、約2週間で製本されたものをご提出させて頂きます。
お急ぎの場合は、期限をお教えください。可能な限り対応いたします。
中間報告って?
現地、役所、法務局、市場分析等の調査を行い、試算を行った上で、中間報告額をご報告いたします。
メール又はFAXでご報告させていただきます。
原則、中間報告額=評価額となります。
評価に当たって、どんな資料が必要ですか?(自用物件の場合)
(必須)固定資産税の明細又は登記簿謄本、住宅地図等に所在が分かるように図示されたもの
(任意)公図、地積測量図、建物図面
※物件の特性により、上記以外の資料が必要となる場合がございます。
評価に当たって、どんな資料が必要ですか?(収益用物件の場合)
(必須)固定資産税の明細又は登記簿謄本、住宅地図等に所在が分かるように図示されたもの、賃貸借契約書又はレントロール
(任意)公図、地積測量図、建物図面、BM契約、PM契約、水道光熱費、ER
※物件の特性により、上記以外の資料が必要となる場合がございます。
FサポについてのQ&A
どんなタイミングで?
税理士様の財産評価が終わられたタイミングで、ご利用頂くとスムーズです。
どんな時に、実勢価格が低くなるの?
(1)地方で規模の大きい物件、(2)市売却を想定する場合に需要者がイメージしにくい物件などが例として挙げられます。
広大地のチェックもできる?
もちろん、広大地の可能性についても診断します。
否認リスクは無いの?
否認リスクが全くない訳ではありません。
鑑定評価と調査報告の違いって?
不動産鑑定評価基準に則ったものが、鑑定評価書(本鑑定とも呼ばれます)です。価格の決定に影響が少ないと考えられる部分(一般的要因など)を割愛し、重要度の高い部分を抽出したものが、調査報告書(簡易鑑定とも呼ばれます)です。 弊社では、調査報告書であることが理由で、鑑定評価書と異なる評価額になることはありません。
一般的に、鑑定評価書の方が、対外的な信用性は高いと言われています。
サンプルが、ホームページからダウンロード出来ます。
どちらを、ご依頼頂くかは、ご判断ください。
期間は?
資料をご提示頂いてから、通常、1ヶ月程度で最終成果品を提出させて頂けます。相続人様の意識確認に時間がかかる場合、評価対象物件が10物件以上になる場合は、プラスアルファの期間をお考えください。
費用は?
お電話又はメールで、お問い合わせください。ホームページからのダウンロードも可能です。
契約形態は?
(1)弊社(FCS)と相続人様、(2)弊社(FCS)と税理士様、どちらの契約形態も可能です。
広大地判定についてのQ&A
無料診断は、どれくらいの期間で回答があるの?
資料を御提示頂いてから、1週間以内にご連絡いたします。
無料診断は、どんな形で報告されるの?
原則、メールにてご報告致します。FAXでの対応も可能です。
サンプルが、ホームページからダウンロード出来ます。
調査報告書を依頼する場合、必要な資料は?
謄本(又は固定資産税の明細)、住宅地図、公図、実測図などの資料をお送りください。
メール、FAX又は郵送、いずれの方法でも結構です。
期間は?
資料をご提示頂いてから、通常、約3週間で調査報告書をご提出させて頂きます。
お急ぎの場合は、期限をお教えください。可能な限り対応いたします。
否認リスクは無いの?
弊社のレポートにより、否認リスクがゼロに出来るわけではありません。税務申告をサポートする資料とご理解ください。